読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はらへり日記

腹に弾丸

アイスタイルを退職します

近況報告 兼 ポエムです。悪しからず

アイスタイルを退職します

新卒として入って2年目ですが、今月一杯でアイスタイルを退職することになりました。

退職の動機として、「やめたいから転職する」というより「行きたい場所があるから転職する」というニュアンスが非常に近いです。

アイスタイルでの2年間

じつは学生の頃のアルバイト期間から合わせるとぴったし2年程、勤めた計算になります。

最初の頃は本当にポンコツで、SQLがわからないだの設計って何だのconfigって何だの、本当にひどい有様でした。

ですが技術研修や業務中の指導をしていただいたりですとか、初歩的な質問をしても快く答えてくれる同僚達のおかげでちょっとは使い物になるエンジニアになれたのかなと今は思っています。

特に@ytakeさんには感謝しきれてもし足りません。この方の指導がなければ転職どころかまともにコーディングもできないままだった気さえするくらい、いろいろご指導頂きました。

本当にありがとうございます。

新卒というレッテルを捨てること

今回の転職でいろんな変化が起こると思っているのですが、一番大きな変化は新卒のレッテルがなくなることかなと思ってたりします。

特にアイスタイルに関して言えば新卒を特別扱いする文化が良くも悪くも存在します。

新卒で入った人は部署が違っても気にかけてくださる先輩社員も多く居たり、新卒で入った同士の縦のつながりが非常に強かったりと本当に過ごしやすいのです。

一方で新卒という立場だからこそ普通の人以上に注意を受けたりもするのですが、それも悪いことではなくて、むしろ注意されなくなったら社会人として終わり感があるので今では本当にありがたかったなと感じています。

新卒バッジをつけながらアイスタイルで働くのは本当に居心地が良くてかわいがってもらえることが非常に多かったです。

今回それを捨てることになるわけですが、一生に一度の物を捨てる惜しさもありつつ僕自身はワクワクしていたりします。

仕事(というよりもエンジニアリング)に関して言えば僕はドMと言われてもしょうがない性格をしていて、例えばダメなコードはダメとはっきり言われたいしフィードバックは常に求めているし、願わくば一生誰かに「お前のコードは本当にダメだな!」と言われながら仕事をしたいと思っています。

それを考えると私にとって新卒ではなく「中途社員」という立場に武者震いをしています。

中途のいわば即戦力としてお賃金をもらうわけですから、会社としてはコストをかけて育てる対象ではないわけです。

となると私が成すべきことはもらっている対価以上の価値をすぐにでも生み出すことです。今のお休み期間に死ぬほど勉強しなきゃですね。

といっても今までも「新卒だからしょうがないよね」みたいな扱いはほぼされたことはないので実態は変わらないかもしれません。僕のメンタルの問題なんでしょうかね。

今までありがとうございました

アイスタイルではエンジニアがやめる時はプチ送別会的なものを開いて上長からありがたいお言葉を頂いたり、辞める人がちょびっと話したりする文化があるのですが、それに来ていただいた方が想像以上に多くて本当に多くの人に支えられてたんだなという気持ちです。

最終日前日にあいさつ回りする人を数えたら180人いたりして、たかだか2年と思っていたりしたんですが意外と重いんだなと思ったり。

時間が合わなかったりして挨拶できなかった方も何人かいらっしゃって、本当に申し訳なかったのですがまたどこかでお会いしたらシカトしないでいただけると嬉しいです。

今後共何卒よろしくお願いします。

次の会社のことはまた入社エントリポエムでも書くのでその時に。。。

おまけ

伝統芸能らしいので貼るだけ貼っておきます。

amzn.asia