読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はらへり日記

腹に弾丸

Babelで書いたReactのJSXがNo Display Nameになる

困ったこと

最近今更ながらReact.jsを書いているのだがその際に困ったことについて書く。

コンパイルにはGulpを使う前提です。環境としては以下のとおり

  • React.js v0.14
  • babelify v7.2.0

問題

GulpでES2015で書いたjsxファイルをコンパイルをすると各コンポーネント<No Display Name>となってしまった。

Chrome拡張のReact用デベロッパーコンソールで見てみると以下のとおり。

Babel5系のbabelifyを使っているときはこうならなかったので、そこらへんが原因っぽい。

調べてみる

いろいろ調べるとBabel6系にあがっていろいろパッケージが分かれたっぽい。

Babel: Plugins

なので下記のようなgulpfileはそもそも動かなくなってしまった。

// 前後省略
import browserify from 'browserify';
import babelify     from 'babelify';

gulp.task('script', () => {
  browserify({
    entries: ['hoge.jsx'],
    extension: ['.jsx']
  })
  .transform(babelify)
});

ES2015, ReactのJSXをコンパイルするためにはbabel-preset-2015, babel-preset-reactをインストールし、transform()関数の引数を以下のように変える。

// 前後省略
import browserify from 'browserify';
import babelify     from 'babelify';

gulp.task('script', () => {
  browserify({
    entries: ['hoge.jsx'],
    extension: ['.jsx']
  })
  .transform(babelify, {
    presets: ['es2015', 'react'] // ここを書き足す
  })
});

これでJSXとReactは動く。

次にNo Display Name問題だが、これもプラグインとして切り出されたっぽく、下記のものが該当っぽいので入れてみる。

React display name transformer

$ npm i babel-plugin-transform-react-display-name --save-dev

gulpfileはこう。

// 前後省略
import browserify from 'browserify';
import babelify     from 'babelify';

gulp.task('script', () => {
  browserify({
    entries: ['hoge.jsx'],
    extension: ['.jsx']
  })
  .transform(babelify, {
    presets: ['es2015', 'react'],
    plugins: ['transform-react-display-name'] // ここを書き足す
  })
});

これでコンパイルしてあげるとめでたくdisplayNameが付与された

まとめ

何も気にせずES2015でReact.jsを書きたい人生ですね。